アパレルショップスタッフに向いている人とは?適性をご紹介

アパレルスタッフショップ

エスモードジャポン 広報部
ESMOD InstagramESMOD twitter

エスモードは、東京恵比寿にあるファッションの学校です。 フランス・パリで世界初のファッション専門教育機関として1841年に開校。 現在は世界13か国に19校あり、その日本校であるエスモードジャポンの広報を担当しています。 世界のネットワークを生かした情報発信とファッション業界について解説していきます。

OPEN CAMPUS:ウェディングドレスの世界 -富貴栄華な仕事の裏側に迫る-

ファッションやおしゃれが好きな方であれば、アパレルショップスタッフを夢見たことが一度くらいあるかもしれません。

中には、「アパレルショップで働きたいけど自分に向いているか分からない……」と思っている方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、アパレルショップスタッフがどんな人に向いているのか適正についてお伝えしていきます。
ぜひ参考にしてみてください。


エスモードジャポン 広報部
ESMOD InstagramESMOD twitter

エスモードは、東京恵比寿にあるファッションの学校です。 フランス・パリで世界初のファッション専門教育機関として1841年に開校。 現在は世界13か国に19校あり、その日本校であるエスモードジャポンの広報を担当しています。 世界のネットワークを生かした情報発信とファッション業界について解説していきます。

OPEN CAMPUS:ウェディングドレスの世界 -富貴栄華な仕事の裏側に迫る-

アパレルショップスタッフに向いている人

アパレルショップスタッフアパレルショップスタッフに向いているのは以下のような人です。

  • 社交的で人と話すことが好きな人
  • ファッションやおしゃれへの興味が強い人
  • 気持ちを早く切り替える人
  • 記憶力がある人

それぞれ詳しく見ていきたいと思います。

社交的で人と話すことが好きな人

アパレルショップには毎日さまざまなお客さんが来店します。

中にはリピーターさんや常連さんもいるかもしれませんが、ショップ店員が接客するお客さんは初対面の人がほとんどです。

初対面の人に対し、商品の説明をしたり、オススメしなければならないので、社交的で人と話すことが好きな人ほどアパレルショップスタッフに向いていると言えます。

ファッションやおしゃれへの興味が強い人

アパレルショップスタッフは常にファッションを中心とした業務を行います。

そのため、ファッションやおしゃれが好きな人ほどモチベーションを保ちやすく、毎日楽しく業務に励むことができます。

実際にアパレルショップで働いているスタッフの中には、元々ファッションが好きで働き始めた方が多いです。

気持ちを早く切り替える人

アパレルショップスタッフは日々沢山のお客さんと接する仕事です。

お客さんにはさまざまなタイプが存在し、一人ひとりに応じて柔軟にコミュニケーションを取っていく必要があるため、ストレスの溜まりやすい仕事と言えます。

予期しないミスでクレームを受けたり、納得いかないことがあっても、暗い顔をしたまま仕事をしていてはさらなるミスに繋がってしまう可能性があります。

そのため嫌なことや辛いことがあっても、すぐに気持ちを切り替えて、いつでも笑顔で元気に働くことができる人ほどアパレルショップスタッフに向いているでしょう。

記憶力がある人

接客・販売業であるアパレルショップスタッフは、記憶力がある人ほど仕事を有利に進めやすいです。

例えば、以前対応したことのあるお客さんが再び来店された時は、前回のやり取りを覚えていることで、話が広がりやすくなります。

それにより、販売へと繋がる可能性もグッと高まります。
人として感じが良いのはもちろんのことですが、人の顔、名前、会話の内容を覚えておくことはとても重要です。

したがって、以前あった出来事をすぐに思い出せるような記憶力がある人ほど、アパレルショップスタッフに向いています。

アパレルショップスタッフとして働くうえで大事なこととは

アパレルスタッフショップ次にアパレルショップスタッフとして働くうえで大事なポイントを紹介していきます。

  • 清潔感や身だしなみを整えること
  • ファッションや接客の勉強をし続けること
  • お客様の気持ちを察すること

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

清潔感や身だしなみを整えること

いくらセンスの良いコーディネートをしていても、シミや汚れ、シワのついた服を着ていたら台無しです。

新品を用意する必要はありませんが、きちんと洗濯やアイロンがけをして、面接の際に身につけるバッグや靴なども含めて、しっかりと手入れしておくことが大切です。

ファッションや接客の勉強をし続けること

ファッションは常に進化を続けています。

そのため現在のトレンドが何なのか、どのようなコーディネートをしてあげればお客さんが喜ぶのかを日々模索することが大切です。

また、お客さんにより楽しくお買い物してもらうためには、接客の仕方についても日々勉強していく必要があります。

時間のある時には、自身の接客内容を振り返って、改善点は直し、伸ばせる部分は伸ばしていくことが大切です。

お客様の気持ちを察すること

店舗ではできる限りお客さんに気を配り、お客さんの表情や行動からその人の心理状態を想像することが大切です。

お客さんの中には「ただ見たいだけなのに何か買わされるかもしれない」と店員に対して警戒心を持っている方もいます。

そういった時にコミュニケーションを取ろうとしても、返ってマイナスになってしまうので、なるべくお客さんの心の温度をはかり、同じ目線に合わせて話しかけることが大切です。

アパレルショップスタッフに向いていない人

アパレルショップスタッフはお客さんへコーディネートを考えたり、人気のブランドを調査したりする仕事です。

そのため、“そもそもファッションに興味がない人”だと、自発的に行動するのは難しいです。
また、“コミュニケーション能力や行動力に欠ける人”も、アパレルショップスタッフに向いていないでしょう。

アパレルショップスタッフの仕事は、”服が好き”というだけでは正直続きません。
販売員である以上、お客さんとコミュニケーションを取らなければいけませんし、必要ならば売り込みもガンガン行うべきです。

お客さんの動きに気を配らず、ただ声をかけられた時だけ対応するようでは、アパレルショップスタッフとして働いていくのは難しいです。

まとめ

今回はアパレルショップスタッフの適性をテーマにお送りさせていただきました。

「ファッションが好き」という理由でアパレルスタッフショップになる人は多いですが、接客の要素も強い仕事なので、まずは自分が向いているかどうかチェックするところから始めた方がいいでしょう。

また、「ファッションも接客も好き」という場合でも、アパレルショップスタッフとしてのスキルを持っていないと仕事を続けていくのは難しいです。

そのため、いきなり仕事に就くのではなく、まずは専門学校に通ってスキルを身につける必要があります。

アパレルスタッフショップとしてのスキルを学ぶためにオススメなのは、「エスモード」というファッションの専門学校です。

「エスモード」では、ファッション業界で活躍するためのノウハウを基礎からしっかりと学ぶことができます。

将来的にファッション業界の道を歩んでいきたいという方は、ぜひ一度「エスモード」の資料請求や体験入学を検討してみてくださいね。

ショップスタッフになるためには

この記事を執筆したエスモードなら就職率は100%!

エスモードでは毎年卒業生全員が、デザイナー・パタンナーなどの専門職で就職しています。

デザイナー、パタンナーを育成する総合学科では、各学生を理想のキャリアに導くカリキュラムが組まれています。このカリキュラムの実践を通して、流れの激しいファッション産業界で即戦力として通用する人材を育成することで、他の追随を許さない圧倒的な就職実績を誇っています。ご興味がある方はぜひ下記リンクをご確認くださいませ。