ショップスタッフの仕事とは

ショップスタッフとして働く女性

エスモードジャポン 広報部
ESMOD InstagramESMOD twitter

エスモードは、東京恵比寿にあるファッションの学校です。 フランス・パリで世界初のファッション専門教育機関として1841年に開校。 現在は世界13か国に19校あり、その日本校であるエスモードジャポンの広報を担当しています。 世界のネットワークを生かした情報発信とファッション業界について解説していきます。

OPEN CAMPUS:ウェディングドレスの世界 -富貴栄華な仕事の裏側に迫る-

ブランドの洋服などを、さまざまな商品を提案するなどの接客をし、顧客に洋服を販売していくショップスタッフ。
そんなショップスタッフの人たちにファッション業界の仕事に憧れを抱く人も多いのではないでしょうか。
そこでこのページでは、そんなショップスタッフの仕事にはどんなものがあるのか、一つ一つ見ていきたいと思います。


エスモードジャポン 広報部
ESMOD InstagramESMOD twitter

エスモードは、東京恵比寿にあるファッションの学校です。 フランス・パリで世界初のファッション専門教育機関として1841年に開校。 現在は世界13か国に19校あり、その日本校であるエスモードジャポンの広報を担当しています。 世界のネットワークを生かした情報発信とファッション業界について解説していきます。

OPEN CAMPUS:ウェディングドレスの世界 -富貴栄華な仕事の裏側に迫る-

ショップスタッフの仕事

ショップスタッフの仕事というと、ブランドの服を着こなしながら店頭に立ち、ハキハキと接客している姿を想像する人が多いと思います。
しかし、ショップスタッフの仕事はそれだけではありません。
華やかに見えるショップスタッフですが、実はかげながら行なっている仕事が多くあります。
では、ショップスタッフは日々どのような仕事をしているのか、ご紹介します。

顧客への接客対応

1つ目は顧客への接客対応です。
おそらく多くの人が姿を目にし、ショップスタッフの仕事として思い浮かぶ業務ですが、実は顧客への接客対応もさまざまな業務があります。
ショップスタッフによる顧客への接客対応は、主に3つの業務があります。

商品や店内を案内する

まずは商品や店内の案内をすることです。
さまざまな形で興味を示した顧客に対し、ショップスタッフはより興味を持ってもらうように案内をします。
ディスプレイに興味を持って店内に入ってもらえるように、もしくは入ってきた顧客に対してはその時間に合わせたあいさつや「いらっしゃいませ」、「ご覧くださいませ」などの声を出していきます。
そして商品を見る、もしくは手に取った顧客に対し、商品に関する情報を紹介していきます。
接客を通して新商品であることや入荷した時期、人気のカラー、在庫など、顧客が必要とする情報を提供していきます。
そして、より多くの商品を見てもらえるように、同じ系統の商品や、合わせると良いアイテムなどを通して、店内を案内するといったことも行なっていきます。

商品を使ってのコーディネートの提案

コーディネートの提案をしている女性次は商品を使ってのコーディネートの提案です。
商品に興味を持つ、もしくは探し求めている顧客がどのような着こなしをすれば良いのかを、コーディネート提案をすることもショップスタッフの仕事です。
それぞれの商品ごとにどのようなコーディネートをするとより魅力を持ってもらえるのかを紹介いきます。
顧客が望んでいるコーディネートを提供できた場合は売上へとつながり、そうでない場合も接客を気に入って来店へとつなげることができるので、コーディネートの考案も力を入れて行う業務として挙げられます。

レジの対応

次は商品購入時のレジの対応です。
顧客が購入を決めたら、レジへと案内してからレジ対応を行なっていきます。
レジへと案内を終えたら、商品の在庫を出していきます。
在庫があった場合は在庫を出し、最後の1点であった場合はその商品で問題ないかを確認した上で進めていきます。
レジ対応は商品の売上だけではなく、在庫の数を入力する役目を果たしているものなので、間違えないように対応していきます。
そしてレジでの会計が終わったら、商品をショップバッグに入れ、そのときに次のコレクションやイベントのお知らせなどのDMを入れてから、店の外まで見送りを行なっていきます。

顧客への接客だけで、大きく3つの業務があります。
いずれも会話を通し、商品に関心を持ってもらい、売上へとつないでいくことがショップスタッフの腕の見せ所です。

ディスプレイの調整

次はディスプレイの調整です。
店舗内のディスプレイ調整は売上につないでいくために、もっとも重要な仕事として挙げられ、営業中に行うこともあれば、閉店後に調整を行なっていきます。
そして、ディスプレイの調整は商品の陳列だけではなく、マネキンのコーディネートなどの店舗の外から見た印象も変えていきます。
店舗がどのように見えているのかを確認していきながら、商品の売上などを見て、その商品を取り入れたコーディネートを変えていきます。
そのため、ショップスタッフは日々業務を行いながら、ディスプレイがどうなのかを確認する必要があります。

商品の管理

パソコンで作業をしている女性3つ目は商品の管理を行なっていくことです。
商品の管理は主に商品の検品作業や、商品整理、品出しを行なっていきます。
検品作業は開店前、もしくは空き時間などの時間で商品が入荷したときに、伝票を元に入荷された商品のサイズや数が合っているのかといった確認を行なっていきます。
そして商品が売れたときは商品の品出しを、さらに顧客が手に取った商品を改めて畳むといった商品の整理も行なっていきます。
先ほどのディスプレイの調整とともに、店舗をよりよく見せていくために大切な業務として挙げられます。

店内の清掃

4つ目は店内の掃除です。
店舗の床や棚、ハンガーラック部分、フィッティングルームなどを掃除し、ほこりなどのゴミを取り除いていきます。
モップなどで清潔にしていくことで、より顧客が関心を示すようにきれいな店舗へと整えていきます。
日々ディスプレイや商品を整えていくこととともに、店舗を清潔に保っていくことも、ショップスタッフにとって大切な仕事です。

まとめ

今回はショップスタッフの仕事はどんなものがあるのかを見ていきました。
顧客に洋服を販売しているだけではなく、商品や店舗を整え、よりブランドの魅力を引き出していく役割があります。
ブランドの商品をより魅力的に提供するショップスタッフに関心を持っていたら、日々接しているブランドの人々の姿を見ながら、より活躍していくためにファッション関連の知識を身につけられるようにファッション系の専門学校や大学、短大に足を運んでみてはいかがでしょうか。

ショップスタッフになりたい方が知っておきたい情報はこちら

この記事を執筆したエスモードなら就職率は100%!

エスモードでは毎年卒業生全員が、デザイナー・パタンナーなどの専門職で就職しています。

デザイナー、パタンナーを育成する総合学科では、各学生を理想のキャリアに導くカリキュラムが組まれています。このカリキュラムの実践を通して、流れの激しいファッション産業界で即戦力として通用する人材を育成することで、他の追随を許さない圧倒的な就職実績を誇っています。ご興味がある方はぜひ下記リンクをご確認くださいませ。