ショップ スタッフのやりがいとは

服のディスプレイを整えるショップスタッフ

エスモードジャポン 広報部
ESMOD InstagramESMOD twitter

エスモードは、東京恵比寿にあるファッションの学校です。 フランス・パリで世界初のファッション専門教育機関として1841年に開校。 現在は世界13か国に19校あり、その日本校であるエスモードジャポンの広報を担当しています。 世界のネットワークを生かした情報発信とファッション業界について解説していきます。

OPEN CAMPUS:ウェディングドレスの世界 -富貴栄華な仕事の裏側に迫る-

ファッション(アパレル)業界の中でもっとも多くの人々が目にする職業として挙げられるショップスタッフ。
アパレルの様々な仕事へと向かうための登竜門と言えるショップスタッフを目指そうと志したときにやりがいは何なのか、気になる人も多いのではないでしょうか。
そこで、今回はショップスタッフのやりがいから、目指すために必要なことをご紹介します。


エスモードジャポン 広報部
ESMOD InstagramESMOD twitter

エスモードは、東京恵比寿にあるファッションの学校です。 フランス・パリで世界初のファッション専門教育機関として1841年に開校。 現在は世界13か国に19校あり、その日本校であるエスモードジャポンの広報を担当しています。 世界のネットワークを生かした情報発信とファッション業界について解説していきます。

OPEN CAMPUS:ウェディングドレスの世界 -富貴栄華な仕事の裏側に迫る-

ショップスタッフのやりがいとは

ショップスタッフのやりがいとはやりがいについてご紹介していく前に、ファッション業界におけるショップスタッフはどのような立場なのかを解説していきます。
多くの人々に自社、もしくは卸された商品を顧客に販売する仕事をしている、とイメージされやすいショップスタッフですが、実際行なっている仕事は幅広くあります。
ショップスタッフは、商品の販売などと同時に店舗のディスプレイを整える、売上を本社に在籍しているスタッフに対して情報を送るなど、様々な業務を担当しています。
そのため、ショップスタッフは「ファッションを広めていく立場」でありながら、「ファッションを生み出していく立場」の人々にも協力しているという、とてもやりがいのある仕事と言えます。
では、ショップスタッフの立場が見えてきたところで、どんなやりがいがあるのか、見ていきましょう。

自身の成果を毎日実感できる

まず、多くのショップスタッフが最初にやりがいを抱くこととして挙げられることが、自身の成果を毎日実感できることです。
ショップスタッフの大きな役割としてある納品された商品を店舗や百貨店などの小売店といった場に立ち、顧客へと販売を行なっていきます。
そのとき、顧客の肌の色やメイク、髪型などを踏まえながらどのような商品を勧めていけばいいのか、コーディネートに取り入れるときのポイントなど、接客を通して様々な情報を提供することとなります。
自分が勧めた商品が顧客に喜ばれるのは大きなやりがいに繋がりますし、顧客の年齢・タイプ・要望に応じた対応が出来るようになれば、スキルアップを感じることもできます。
さらに、自分の接客が売り上げという形で数字にも現れるため、モチベーションを高めることもできます。

スキルやセンスを身につけられる

また、ショップスタッフが日々働きながら抱くこととなるやりがいには、ファッション業界の様々なスキル、そして自身のファッションセンスを身につけることができることもあります。
「ファッションを広めていく立場」として、多くのファッションを顧客の人々へと届けるためには、商品や素材、加工はもちろん、仕入れているときはそのファッションブランドの情報など様々な情報を知識として身につけていくことが欠かせません。
さらに、多くのファッションを手に取っていくことで、タイプごとにどんなファッションが合わせやすいのかなどのセンスなどが身につきます。
多くの顧客に接し、ファッションに関連する知識などのスキルやセンスなどに対してお褒めの言葉をいただいたときに、身につけられたとやりがいを抱く人が多いようです。

様々なステップアップのチャンスをつかめる

そして、ショップスタッフはどんどんスキルアップをし、様々な職種へとステップアップできるチャンスをつかむことができる職種でもあります。
冒頭でもお話ししたように、ショップスタッフはファッション業界の中でもスタートラインとして立ちやすい職種です。
なので、日々業務を行いながら、様々な知識やスキルを身につけていくことで、本社勤務となる職種にチャレンジできるケースがあります。
そのため、自身のキャリアアップのスタート地点として捉え、ファッション業界の「ファッションを広めていく立場」に立つために、やりがいを持っている人もいます。

ショップスタッフになるには

ショップスタッフになるにはやりがいにはどんなものがあるのかを確認したところで、次はショップスタッフになるためにどんなことが求められているのかについて見ていきましょう。
ショップスタッフが仕事をしていく上でもっとも求められることは、日々新しく生まれている商品や技術を取り入れる姿勢です。
ファッションはデザインや色、組み合わせ方など流行によって異なることに加え、日々新しい素材やアイテムが生まれています。しかし、基本的には既存のアイテムや素材から派生しているものです。
そのため、様々な変化があっても対応できるように、ファッションに関連する学校(専門学校、大学、短大など)でファッションに関する基礎知識と技術を身につけておくと良いでしょう。

必要なスキル

ショップスタッフは「ファッションを広めていく立場」であり、「ファッションを生み出していく立場」でもあることから、まずもっとも求められるスキルとして多くの人々とコミュニケーションをしていくスキルが挙げられます。
多くの人々と会話を重ねていくことで、どのようなことを求めているのか、その人がどういう人かなどの観察力も身につけておくとより良いでしょう。
さらに、新しい物事を取り入れていくためには日々多くの人々や情報サイト、SNSなどでファッションやトレンドを学ぶ姿勢も求められます。
そして、ショップスタッフは店舗に立ち、接客を行いながら納品された商品を運ぶ、ディスプレイを変更するなど、多くの業務をこなしていくことから、最低限の体力をつけておくと良いでしょう。

求められる資格

ショップスタッフになるために、必須の資格はありません。
ただ、日々接客を行なうときに求められる商品や色彩などの知識を得るために資格を取得するというショップスタッフも存在します。
商品などの知識はファッションビジネス能力検定、色彩関連の知識は色彩検定やカラーコーディネーター検定試験などが挙げられます。
また、販売に関する技術や知識などを身につけることができる資格としてファッション販売能力検定試験や販売士もあります。
いずれの資格に加えて、マナーや敬語なども学んでおくと、ショップスタッフとして高い評価を得られるでしょう。

まとめ

ここまで、ショップスタッフのやりがいから、ショップスタッフになるために必要なことについてお送りしました。
仕事をしていくときに抱けるやりがいとはどんなものか、そして仕事をしていくどんなことが求められているのかが見えてきたのではないでしょうか。
様々な商品を顧客の元へ提供していきながら、様々な知識やスキルを身につけていけるようになるために、ウィンドウショッピングや大学や専門学校などに足を運び、見聞を広げてみてはいかがでしょうか。

ショップスタッフになるためには

この記事を執筆したエスモードなら就職率は100%!

エスモードでは毎年卒業生全員が、デザイナー・パタンナーなどの専門職で就職しています。

デザイナー、パタンナーを育成する総合学科では、各学生を理想のキャリアに導くカリキュラムが組まれています。このカリキュラムの実践を通して、流れの激しいファッション産業界で即戦力として通用する人材を育成することで、他の追随を許さない圧倒的な就職実績を誇っています。ご興味がある方はぜひ下記リンクをご確認くださいませ。