トレンドコンサルティングになるには

エスモードジャポン 広報部
ESMOD InstagramESMOD twitter

エスモードは、東京恵比寿にあるファッションの学校です。 フランス・パリで世界初のファッション専門教育機関として1841年に開校。 現在は世界13か国に19校あり、その日本校であるエスモードジャポンの広報を担当しています。 世界のネットワークを生かした情報発信とファッション業界について解説していきます。

OPEN CAMPUS:ウェディングドレスの世界 -富貴栄華な仕事の裏側に迫る-

ファッション業界の中でもスタイリストなど、他の人のファッションをコーディネートをしていくという方面の仕事を目指す人の中には、「トレンドコンサルティング」という職業を耳にしたことがある人もいるのではないでしょうか。
トレンドコンサルティングは、一般の方向けにとって最適なファッションのアドバイスやコーディネートの提案、さらに実際に洋服の用意までを行っていく職業です。
しかしトレンドコンサルティングはどのような仕事なのか、疑問に思う方も多いのではないでしょうか。
そこで、今回はトレンドコンサルティングを目指そうとお考えの方に、トレンドコンサルティングとはどのような仕事をしているのかをはじめ、さまざまな視点からお話しします。


エスモードジャポン 広報部
ESMOD InstagramESMOD twitter

エスモードは、東京恵比寿にあるファッションの学校です。 フランス・パリで世界初のファッション専門教育機関として1841年に開校。 現在は世界13か国に19校あり、その日本校であるエスモードジャポンの広報を担当しています。 世界のネットワークを生かした情報発信とファッション業界について解説していきます。

OPEN CAMPUS:ウェディングドレスの世界 -富貴栄華な仕事の裏側に迫る-

トレンドコンサルティングになるための方法

トレンドコンサルティングになるためには、ファッションの知識に加え、色彩やデザインなどさまざまな知識が必要です。
さらに、対象の人の体型や肌の色にはどのような洋服が合わせればいいのかといった体型学、そしてライフスタイルなどの提案ができるようにインテリアなどの知識もあると良いでしょう。
そのため、ファッション関連の大学や短大、専門学校で基礎を学んだ後に個室サロンや事務所などへと就職するコースが一般的です。

ロードマップ

トレンドコンサルティングの仕事

仕事内容

トレンドコンサルティングはクライアントとのカウンセリングから、もっとも似合うファッションをプロデュースしていくだけではなく、パーソナルカラーや骨格、アクセサリーなどのファッションに関する知識をどのように取り入れていけばいいのかを提案していくことが主な業務です。
パーソナルスタイリストと共通している業務が多いですが、トレンドコンサルティングは対象の人のライフスタイルなどもファッションと捉えます。
そのため、ファッションに限らずライフスタイルやメンタルサポートなど、「他の人からおしゃれに見えるファッションや生き方」を提案していきます。
なので、多くのクライアントのファッションを通し、希望する人格に変えていくことが一番の仕事といえます。

トレンドコンサルティングの収入についてはこちら

タイプ別

そして、トレンドコンサルティングには大きく分けて2つのタイプがあります。

サロン型

そしてトレンドコンサルティングは「サロン型」と「同行ショッピング型」の2種があります。
「サロン型」は、事務所や個室サロンで1対1でヒアリングし、その後採寸、ファッションのコーディネートの方向性を合わせ、後日にクライアントそれぞれに最適なファッションアイテムを一式そろえるというタイプです。
出歩くことなく、一カ所で終えたいという人に向いているタイプです。

同行ショッピング型

「同行ショッピング型」は、トレンドコンサルティングがクライアントと公共のカフェなどでヒアリングなどのコンサルティングの後、コーディネート提案やアイテムの購入は一緒にさまざまなお店を回りながら行っていくというタイプです。
実際にお店に足を運んでアイテムを選ぶコツを教わったり、買い物をする過程も楽しみたいという方に向いています。

勤務状況

一般的には事務所や個室サロンなどで、平日に働き、土日が休日と設定されているところが多いようです。
ただし、これは「サロン型」によくあるパターンであり、「同行ショッピング型」は、フリーのトレンドコンサルティングは曜日問わず行っている傾向があるようです。
そして、営業時間は事務所やサロン、またはクライアントとの時間によって異なります。
そのため、安定的な勤務時間や休日ではない、ということもあると念頭に入れておくと良いでしょう。

トレンドコンサルティングが過ごす1日についてはこちら

トレンドコンサルティングに求められるスキル

色彩、素材などの知識

まず、トレンドコンサルティングには、「ファッションの知識」とともに「色彩や素材などの知識」が求められます。
先ほどお話ししたように、トレンドコンサルティングはその人のファッションやライフスタイルを他の人からおしゃれに見えるようにするために、さまざまな知識が必要です。
中でも、色彩や素材などの知識は、一人ひとりの肌の色や似合う素材がまったく異なるものであるため、要しているとより良いものを提供できます。
そのため、色彩検定やカラーコーディネーター検定などの資格を取得しておくことをおすすめします。

人の骨格や体型などの知識

そして、「人の骨格や体型などの知識」もトレンドコンサルティングに求められるスキルとして挙げられます。
人の骨格や体型なども、クライアントごとに合うファッションやライフスタイルを見抜くために必要な要素です。
色や流行のアイテムを合わせても、クライアントに合うとは限らないため、さらに骨格や体型にも合うファッションやライフスタイルを提供していくことが、トレンドコンサルティングには求められます。
そのため、ファッション関係の大学や短大、専門学校などで体型学などを履修しておくと良いでしょう。

以上がトレンドコンサルティングに求められるスキルです。
では次に、トレンドコンサルティングに向いている人について見ていきましょう。

トレンドコンサルティングに向いている人

分析ができる人

トレンドコンサルティングに向いている人としてまず挙げられるのは「分析ができること」です。
まず、クライアント毎に合うファッションやライフスタイルは異なっているため、何が似合うのかをヒアリングしながら分析していく必要があります。
そしてヒアリングしていく中で、肌の色や普段買っている服の傾向、さらには採寸して体型や骨格などもどのようなものであるかを分析し、提案できる人が向いていると言えます。

コミュニケーション能力が高い人

さらに、トレンドコンサルティングは分析した結果を提案していくための「コミュニケーション能力が高いこと」も向いている人として挙げられます。
クライアントの悩みをどれだけ確実に話を聞き、相手の気持ちを寄り添いながら、クライアントの本質を見抜けるかが、より正確な分析へとつなげることができます。
さらに、分析した結果や、自分の考え、思いをクライアントに対し、明確に伝える力も求められます。
なので、クライアントの話をしっかりヒアリングし、さらに提案を説明できる人こそ、トレンドコンサルティングの適性があると言えるでしょう。

トレンドコンサルティングに向いている人ってどんな人?適性とは

まとめ

トレンドコンサルティングは、クライアントにとって理想、もしくは最適なファッションのアドバイスやコーディネートの提案を行なっていく職業です。
スタイリストとは違い、クライアントのファッションだけではなく、ライフスタイルやを提案していく、もっとも消費者に密着できる仕事と言えます。
多くの人々のファッションを日々観察していきながら、ファッションの専門学校や大学で知識を身につけていきましょう。

この記事を執筆したエスモードなら就職率は100%!

エスモードでは毎年卒業生全員が、デザイナー・パタンナーなどの専門職で就職しています。

デザイナー、パタンナーを育成する総合学科では、各学生を理想のキャリアに導くカリキュラムが組まれています。このカリキュラムの実践を通して、流れの激しいファッション産業界で即戦力として通用する人材を育成することで、他の追随を許さない圧倒的な就職実績を誇っています。ご興味がある方はぜひ下記リンクをご確認くださいませ。