東京校/京都校

オープンキャンパス
CURRENT - 在校生のご紹介
田邊 祥子

総合学科メンズ専攻 3年

Shoko Tanabe田邊 祥子

◆ エスモードに入学したきっかけを教えてください。
ファッションに興味を持つようになったのは、高校生の頃から東方神起のファンで、いろいろな画像を見たときに、アーティスト本人よりも着ている服に目がいってしまい、このかっこいい服のデザイナーは誰かを調べたときから始まりました。 そのデザイナーは、クリス・ヴァン・アッシュだったのですが、そのとき今までにない感情が湧いてきたんです。アーティスト本人はもちろんかっこいいのですが、服と着る人の両方がうまくマッチしてはじめてどちらもかっこよくなるんだと気づき。 そこから、服がどのようにデザインされ、どのように作られ、どのようにお客様に渡っていくのかを知りたくなり、服づくりよりも先に大阪で3年間販売経験をしました。 その後、自分でも服を作りたいと思い始め、2015年エスモード大阪校に入学しました。 大阪にはメンズ専攻がなかったので、もともとメンズライクな格好が好きだったこともあり、2016年9月に東京校に編入しました。
◆ エスモードでの学校生活は?
1年生のときは、パターンそのものの理解ができずに苦労しました。 朝から晩までみっちり授業があって、その中で課題が終わればベストなんですが、なかなか思うように終わらず、、、 2年生になり自立していかなくてはならない年代だと自覚していたので、2016年8月東京に引っ越しして、メンズ専攻に編入しました。 大阪にいたときの垣田先生のイメージがあまりにも偉大な先生だったので、はじめてお会いした時はとても緊張していたのですが、理解するまで丁寧に教えてくださるので、垣田先生から学ぶことが多く、充実した学校生活を送っています。
◆ 将来のビジョンを教えてください。
語学を先に習得したいので、カナダかオーストラリアへの留学を考えています。 将来は、デザイナーになりたいのですが、キャリアは積まないといけないのはわかっているので、企業でいろいろな経験を積みたいと思っています。
◆ これからエスモードを目指す方へアドバイスを。
先生が生徒に対して期待が大きい分、課題が多く厳しい面もありますが、それがあったからこそ自分も成長できました。 プロになりたい人に、デザイン、パターンの両方学ぶことのできるエスモードを、お勧めします。
[インタビュー 2018年1月] 一覧へ戻る

OPEN CAMPUS - オープンキャンパス

近日開催のオープンキャンパス

VIEW ALL

PEOPLE - エスモードの人々

OB|OG卒業生

VIEW ALL
eSMOD JAPON 2018年度版資料請求はこちらから