• 東京校 03 5421 2232
  • 京都校 075 741 8231
GRADUATE - 卒業生のご紹介
高橋 健太

NICK NEEDLES

KENTA TAKAHASHI高橋 健太

1984年生まれ
2006年 総合学科モデリスト専攻入学
2009年 卒業
2009年 NICK NEEDLES設立
2013年 アトリエ兼ショップSONAR設立
2016年 白楊高校ファッションデザイン講師
2018年 SONAR 洋裁教室(仮)開始予定

◆ エスモードに入学したきっかけは?
栃木の白鴎大学在学中、友人が独学でジーンズを作っていたり、周りで服を作るのがブームになっていたこともあり、ファッションサークルを立ち上げファッションショーを開催したりしました。 卒業後は本格的に学びたいと思い、エスモードのサマーセミナーに行ったのですが、そこで当時3年生の浜崎歩さん(現在イギリスのファッションブランドERDEMパタンナーとして活躍中)からエスモードの学ぶ環境の良さについて直接話を聞くことができ、入学を決めました。
◆ 入学してエスモードから得たものは?
やはり技術力の高さ、プロ意識の高さですね。 特にパターンにおいては、立体と平面を同時に進めていくので、数字にとらわれない柔軟性のあるパタンナーになれるように思います。
◆ 卒業後はどのような活動をなさいましたか?
エスモードを卒業した2009年、すぐにブランドを立ち上げました。 最初はパタンナーで就職しようと考えていたのですが、自分の力不足はもちろんのこと、リーマンショックの次の年ということもあって就職が厳しく、企業の保守的なモノづくりに対する尖ったブランドを立ち上げたいと思いがありました。 ブランド名のNICK NEEDLESは「核心をつく棘」という意味で、モード、未来的、ユニセックスをテーマにモノづくりを進めています。 XANADU TOKYOや、CANDYといったセレクトショップに取り扱ってもらえるようになってようやく少しずつ認知度が上がってきた感じです。
◆ 未来のビジョンは?
NICK NEEDLESとは別に、仕様を省いたもう少し価格を抑えたブランドを立ち上げる予定にしています。NICK NEEDLESは、よりクリエーションに特化し、その両輪を作ってきたいと思います。 またファッションの教育にも力を入れていきたいと思っているので、今は宇都宮の高校でファッションデザインを教えていますが、2018年4月には宇都宮のSONARにてより現代的なイメージの洋裁教室を立ち上げ、より多くの人へ技術やファッションの面白さを伝えていきたいと思っています。
◆ エスモードを目指す人へメッセージを!
社会に出てから、エスモードを卒業した人に出会うことが多いことに驚かされます。それだけエスモードが高く評価されていることの表れだと思いますが、厳しい世界だからこそ、厳しい学校でトレーニングを積まないと、決して優秀なデザイナー、パタンナーにはなれません。 将来のために、覚悟を持って学校を選んでほしいと思います。
一覧へ戻る

OPEN CAMPUS - オープンキャンパス

近日開催のオープンキャンパス

VIEW ALL

PEOPLE - エスモードの人々

OB|OG卒業生

VIEW ALL
eSMOD JAPON 2018年度版資料請求はこちらから