東京校/京都校

資料請求

CAREER SUPPORT – 就職サポート

エスモード ジャポンは設立以来、ファッション界において、
即戦力につながる本物のプロフェッショナルを多く輩出する学校と認知され、
特にその高い就職率は、業界屈指の評価を得ています。
就職対策として、時代に合わせた教育カリキュラムと国際感覚あふれる個性と独創性を育む教育、
そして担任と就職部連携による個人に合わせたきめ細かい対策を通年で数多く取り組んでいます。

  • 就職ガイダンス

    2年次(7月・9月・10月・11月・12月・1月)に開催 「仕事に就く心構え」や「現在企業が求める人材とは」などの内容から、 書類の書き方、面接試験の服装まで細かくアドバイスします。

  • 就職審査会

    3年次(6月)に開催 企業の採用試験の一環として、企業の現場担当者をお招きし、 作品やドシエ(PRブック)とともにプレゼンを行います。

  • 企業説明会

    2年次(10月頃)、3年次(4月・5月・6月)に開催 企業の人事担当者の方をお招きして、会社概要や求人内容の説明を行います。

  • 企業研修

    2~3年次に希望者参加 企業において現場実習(インターンシップ)を経験し、就職活動に活かします。

  • 模擬面接

    3年次(4月・5月)に開催 実際の面接を想定して、繰り返し面接の練習を行います。

  • 個人面談

    学生ひとりひとりの面談を通じて、より個性に適した企業に就職できるように、教師とともにアドバイスを行います。

エスモードでは、職種ごとに独自のカリキュラムが組まれています。
また、エスモードジャポンは国内の、エスモードインターナショナルでは著名な海外ブランドへの就職実績を残しています。

技術専門職Technical Job (Designer, Pattern Maker)

技術専門職

技術職については、デザイナー、パタンナーという職種によって求められるスキル・知識が大きく異なります。デザイナー職は、時代を読む眼、それを表現する技術・知識・センスまた1つのアイデアを展開する能力が要求されてます。パタンナー職は、デザイナーが表現したいデザインを期待以上の表現方法で実現して行く技術力・知識力、高いレベルの設計図製作、素材特性の知性などが要求されています。エスモードでは技術職の人材の育成に、企業が求めるレベルを分野別に分析した上で、高いレベルでの習得カリキュラムを実現し、さらにそれを授業内で実行できる教師を揃えています。
また企業の中には、デザイナーにパターンの技術を求めたり、パタンナーにデザインの技術を求めるところもあり、ますますデザインとパターン両方の技術習得が重要になってきています。エスモードのデザインとパターン両方を学べる“総合学科”では、時代の求める人材育成に欠くことのできないカリキュラムを準備しています。また学年の早い段階から業界の状況を企業側から説明をしてもらい、業界の実態把握可能なガイダンスを計画的に行い、本人のモチベーション向上に向けてのシステムを構築しています。最終年度の学生には、就職希望に沿った企業へのプレゼンテーションを企画し、プロからのアドバイスを貰うことで、各学生の理想のキャリアへのより一層の準備が可能となっています。

ビジネス職Fashion Business Job

ビジネス職

ファッション産業界で即戦力となる人材を育成し、各学生が理想のキャリアを実現するには、座学中心プログラムでは限界があり、解決には産業界との連携が重要です。これを実現したのが、今年度開講したエスモードのファッションビジネス学部で、座学とインターシップの一体型授業体系です。エスモード専任の講師だけでなく、ファッション産業界からその道のプロを講師に迎え、座学型の授業を行い、その後10週間から16週間にわたり50社から成るパートナー企業との産学協同型カリキュラムを実現しています。

OPEN CAMPUS - オープンキャンパス

近日開催のオープンキャンパス

VIEW ALL
eSMOD JAPON 2018年度版資料請求はこちらから