STUDENT INTERVIEW
在校生インタビュー

グザビエ・ルイ ラメール

Xavier Louis Lemaire
グザビエ・ルイ ラメール

イングリッシュコース

日本語がネイティブではないのでイングリッシュコースを選びました。このコースではすべての授業に通訳が入るため、問題なく授業についていけます。入学前までは縫うこともデザインすることもできなかったのですが、入学してからはその心配はなくなりました。すべての学生が最速で成長できるよう、先生はそれぞれの能力に合わせて指導してくれます。